「信じます、君の可能性 伝えます、学ぶ心」  フェニックス アカデミー

今月のコラム 文⁄塾長 大山重憲

放し亀

江戸の頃、栄えた両国の橋詰に「放し亀」というのがあった。たいてい、おじいさんが売っていたという。春と秋のお彼岸にお墓参りの方がその亀を買って隅田川(=大川)に流す。これが生き物の命を助けたということで仏様に供養になったというところから「放し亀」は大変に繁盛したという。

落語の小噺にこういうのがある。

「いらっしゃいまし。」
「おやじさん、この大きい亀はいくら?」
「お目が高うございますね。皆さん大きいのにすぐ目を付けまして。こちらは16文でございます。」

「ほー。そば一杯の値か。いい値だね。こっちにいるこの小さいのはいくら?」
「それでございましたらお客様、8文でございます。」

「半値だ。よし、その8文のを買った。じゃあ、ここへ置いたよ。この亀貰っていくからね。亀よ、二度と捕まって不自由な真似をするんじゃねえぞ、いいか。大川へ放してやるからな、自由になれよ。」

ポーンと放してやって「ああ、いいことしてやった」というのだが、これは「善に似て善に非ず」と言う。何故かというと、確かに8文で助けてもらった亀は自由になっていい。しかし、最初に聞かれた16文の亀の気持ちになってごらんなさい。たまったもんじゃない。「助かったなー」と思ったらワーッと向こうへ行っちゃった。歓喜から絶望へ。「善人があるので亀が酷くされ」と言われる。何が善で何が悪であるかというのはなかなか難しい。どうせ助けるのなら平等に助けなけりゃいけないと、そこらを言っているのだろう。

大宮公園に車で行く途中、交差点で信号待ちをしていて、ふと左に動く物が視界に入ってきた。何だろうと見たら、亀だった。しっかりした足取りで一軒家のコンクリートのガレージを歩いている。と、その家の車の下に入って行ってしまった。瞬間、思った。「放って置いたら車道に出てきて車に牽かれてしまう。」すかさず車を左に寄せて停めてその家のインターホンを押した。

幸運にも応答があった。

「Kさんですか?もしや、亀を飼っていませんか?」
「はあ?」

怪訝な反応である。無理もない。全くの他人に呼び鈴押されて亀を飼ってないかと聞かれたら誰だって何の話?となるのは普通である。

「少しいいですか?」

中から現れた人は90歳は越えているだろうおばあさんだった。

「亀を飼っていませんか?」
「いいえ。」この人何言ってんの?という表情だ。

「亀が元気に歩いてお宅の車の下に入って行ってしまったんです。このままにしておいたら車道に出て行って車に牽かれて死んでしまうかもしれないと思って。車の下を見させて頂いてもいいですか?」

「あら!」
おばあさんも「えらいことだ」と思ったのだろう。「どうぞどうぞ」と許可してくれたので両膝を突いて覗き込んでみた。いない!確かに車の下に入って行ったのに。と、車の周りを見回したら、いたいた。細く小さな花壇の草の上にちゃっかり五体を引っ込めた状態で、いたのだ。体長15僂らいのしっかりした草亀だった。ひとまずほっとした。さて、どうしよう。Kさんに聞いてみた。

「いりますか?」
「いいや。」

どうしよう。自分で飼おうか。いや、面倒見きれそうにない。弟が亀を二匹飼っていて大きく立派に育てているので引き取ってもらおうか。いや、歓迎されそうにない。
Kさん宅の隣家でリフォーム作業をしている30歳くらいの男性が二人、事の顛末を見ながらニヤニヤしているので、
「持って行きますか?」と聞いたら、
「いや。」
というので、ひとまず自分で引き取ることにした。

「袋を頂けませんか?レジ袋でも何でもいいです。」

おばあさんは小走りに家の中に入って行って大きなレジ袋を持ってきてくれた。
私はおばあさんにお礼を言って、袋の中に亀を入れた。すると途端に五体を現し、元気に動き出した。

「そうだ。大宮公園のボート池に放そう。」
以前、父がビン沼で釣ってきた体長1mもある鯉を2 匹放したことのある池だ。
「人間に飼われてせまぜまと生きるより全然いい。亀も自由の身だ。我ながら名案だ。」
遊歩道の中頃に場所を選んでそっと放した。亀は勢いよく水面下に泳いでいった。

しばらく安堵感に満たされていた。しかし、しばらくたって不安がよぎり始めた。そのボート池には丘がないのだ。つまり甲羅干しできる場所がないのだ。
「もしや、あの亀は一生水の中でしか生きられないのでは。」
不安にさいなまされ、亀が上れる丘がないか探してみた。すると、あることはあった。以前ボート乗り場だった場所は石が積まれて太い針金で固められていた。しかし、放した所からは少々距離がある。ここまで泳いで来れるかどうか定かではないが、仕方ない。覆水盆に返らず。期待・念願する外ない。

以来、ボート池を覗く習慣が身に付いた。見ると、亀は大勢いる。子亀もたくさんいる。仲間がたくさんいることに安心はする。が、放す時にもっと慎重に場所を選べばよかったかなと後悔もよぎる。先日、放した場所を覗き込んだ。すると一匹の亀が向こうから首を出して、池の淵に佇んでいる私の前まで泳いで来た。目が合った。食べ物が欲しいのかな、と思ったが残念ながら持ち合わせがなかった。浦島太郎が頭をよぎった。

「自分を乗せて龍宮城に連れて行ってくれるには小さすぎるよな、君は。」
この亀は自分が放した亀だろうか。大きさも顔も似ているが確証は得られない。これから温かくなって甲羅干しもしたくなるだろう。ボート池を歩く日課にもう一つ、日課ができた。

TOPへ戻る