「信じます、君の可能性 伝えます、学ぶ心」  フェニックス アカデミー

今月のコラム 文⁄塾長 大山重憲

幸福度

過去の出来事を悔やみ将来を悲観しながら生活するより、今を楽しみ希望を抱いて過ごす方が生活の質は高まる。元気に暮らす人たちに共通する特性だという。そんな姿勢をどうやって身につければよいのか。脳内ホルモン「エンドルフィン」をうまく作り出す工夫を凝らすと、日々の幸せ感を高められるようだ。

エンドルフィンは脳下垂体が作り出すホルモン。痛みやストレスが加わった時に放出され、痛みを和らげる作用を持つ。多幸感をもたらしたりかゆみを引き起こしたりする様々な作用が見つかっている。

「闘病中の人でも楽しみを見出す人は、先々を悲観する人に比べて痛みを訴える頻度は低く、治療の効果も高い。」呼吸器外科が専門で肺がん患者を長く診てきた山王病院の奥仲副院長は患者の気持ちのあり方によって、生活の質や時には治療の効果まで大きく違うと実感してきた。背景には様々な要因がありそうだが、代表的な脳内ホルモン、エンドルフィンが大きな影響を及ぼしているのではないかと考えている。

エンドルフィンが関係している代表的な現象は「ランナーズハイ」だ。1980年代に運動生理学の研究から心肺機能を高める運動をすると脳内にエンドルフィンが放出され、高揚感や満足感が高まる結果が明らかになった。ストレスを緩和するために起きる現象と考えられている。

強い信念を抱いている状態や褒められたり笑ったりする時、恋愛感情で心がときめいている際にもエンドルフィンが作られる。エンドルフィンはゆったりとした気持ちよさを誘う。神経を興奮させて気持ちよくなるのではなく、幸せ感を高めてくれるのだ。

奥仲副院長は、電車の待ち時間などを利用して深呼吸をするなどエンドルフィンを放出する「7つの心得」を提唱する。

 崕活」をしない
死んだ後のことを考えるのではなく、現在の自分の生き方を見つめ直し最後まで楽しめることを探す。

◆峺撞曄廚播椶蠅鯆辰瓩
肺の中にある空気をゆっくり吐く。無理をしない程度に吐き切ったら肩の力を抜いて息を吸い楽にする。

「いとおしい」という気持ちを習慣に
家族や友人、ペット、ぬいぐるみなどと「一緒にいたい」と感じる時間を設ける。

な睇をちょっと広げ少し速いウォーキング
かっこよく歩いて「見られている」と意識する。脈拍が110〜120になるのを目安に。

ァ崙浴」で快感とリラックスを得る
入った直後に「熱め」と感じるお湯に気持ち良いと思う時間つかる。

好きなものを好きなだけ食べる
糖質や脂質を無理に制限しなくてもいい。肥満や糖尿病など食事制限が必要な人は専門家の指導に従う。

О貽一度の「ウフフ、エヘヘ」
好きなこと、楽しいことをして、笑いを増やす。時に他人を喜ばせることを考える。おしゃれや部屋の模様替えなども有効。

温泉療法専門医の早坂・東京都市大学教授らは静岡県と協力して県内の6000人を対象に、毎日お風呂に入る人と週7回未満の人の幸福度の高さを比べた。毎日入る人で幸福度の高い割合は54%だったのに対し、週7回未満の人の場合は44%にとどまった。毎日入る人の方が健康状態も良いと予想されるのに加え、入浴習慣がエンドルフィンの放出に関係している可能性がある。温度や時間に縛られず、お風呂を楽しんでも十分だろう。

「食いたければ食い、寝たければ寝る。怒る時は一生懸命に怒り、泣く時は絶体絶命に泣く。」(『吾輩は猫である』夏目漱石)こともストレスをためない術なのである。

TOPへ戻る